「救急車は119番」・「歯と健康に関するお悩み相談は118NET」と覚えてね!
トップページ > 歯と体の健康 Q&A - 5.睡眠時無呼吸症候群
Question
<5.睡眠時無呼吸症候群>
睡眠時無呼吸症候群では?と心配しています。
Answer

●睡眠時無呼吸症候群とは:

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠中に呼吸が止まった状態(無呼吸)が断続的に繰り返される病気です。

●睡眠時無呼吸症候群の定義:
  • 一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上おこる。
  • または、睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上おこる。

●睡眠時無呼吸症候群による健康への影響:

厚生省からは、睡眠1時間あたりの低呼吸数が20回以上おこる場合では、5年後の生存は84%(5年後の死亡率は16%)と報告されています。

また、睡眠中に呼吸が止まった状態(無呼吸)が断続的に繰り返される結果、十分に睡眠がとれず、日中の眠気、集中力や活力の低下、居眠りがちになり居眠り運転で事故などを起こしやすくなるなど、深刻な影響を及ぼします。

●自己診断チェックリスト:

以下のチェックリストの中で、一つでも該当する項目がある場合は、あなたも睡眠時無呼吸症候群である可能性があります。

少しでも不安な場合は早めの治療が大切ですので、専門医(歯科・耳鼻科・内科など)で相談してみてください。

▼「睡眠時無呼吸症候群」自己診断チェックリスト
Q1 ほとんど毎晩いびきをかく」と、家族や周囲の人に言われる。
Q2 「睡眠中に呼吸がよく止まる」と、家族や周囲の人に言われる。
Q3 日中に眠気が強く、目を覚ましているのがつらいことが多い。
Q4 肥満している。
Q5 体がだるい。
Q6 寝汗をかくことが多い。
Q7 朝、目を覚ましたときにスッキリしない(熟睡感がない) 。
Q8 夜中に2回以上排尿に起きる。
Q9 しばしば、首を絞められたような窒息感で覚める。
Q10 血圧が高い。
 
Q&A 一覧

1. 歯のかみ合わせと体の健康

2. 歯並びと症例

3. 歯周病(歯槽膿漏)と口臭

4. 虫歯の豆知識

5. 睡眠時無呼吸症候群

6. 「だ液」の神秘とそのパワー

▲top
歯と健康に関するお悩み相談・118NET | 無料相談コーナー | 浅川院長の雑記帳
浅川歯科(広島)ホームページ | 浅川院長プロフィール
歯と体の健康 Q&A -|歯のかみ合わせと体の健康歯並びと症例歯周病(歯槽膿漏)と口臭虫歯の豆知識睡眠時無呼吸症候群
Copyright (c) 2003-2004 118NET All Rights Reserved. Produced by Asakawa Dental & ADWIN Corporation.
118NET浅川歯科) 〒733-0873 広島県広島市西区古江新町17-34 TEL:(082)273-5757 FAX:(082)274-3401