「救急車は119番」・「歯と健康に関するお悩み相談は118NET」と覚えてね!
トップページ > 歯と体の健康 Q&A - 4.虫歯の豆知識
Question
<4.虫歯の豆知識>
歯科検診でC2と言われました。どの程度進行しているの?
Answer

虫歯の種類にもいろいろありますが私達はその進行具合によってC1〜C4というふうに分類します。

歯の構造とともにそれぞれ見ていきましょう。

●虫歯の大きさ
→ → →
C1 C2 C3 C4
2次カリエスにつて

虫歯も”歯周病(生活習慣病)”も細菌による感染症(細菌感染)です。食べ物を食べたら”歯みがき”と”うがい”をする事が大原則です。

虫歯予防の正しい方法や使用する道具や薬剤は歯科医師・歯科衛生士に相談しましょう!

虫歯の進行:C1

歯の一番表面は「エナメル質」といいます。人間の体の中でも最も固い部分です。

虫歯がエナメル質内にとどまっている状態をC1といいます。この症状では痛みを感じることはほとんどありません。

噛み合わせの面は直接肉眼では見えますが歯と歯の間にできた虫歯は確認できないうちに進行していることがあります。

虫歯の進行:C2

エナメル質の内側を「象牙質」と言います。

象牙質には痛みの感覚があります。たくさんの細かい管があり虫歯菌がそこを伝って神経を犯してしまうこともあります。

象牙質まで虫歯が進行したものをC2といいます。象牙質はエナメル質よりも柔らかいので一般に虫歯の進行が早いです。

虫歯の進行:C3

歯の内側には根っこの先に通じる空洞があり、この中には痛みを感じる神経や歯に栄養を送る血管が入っています。

C3とは歯の内部の神経にまで虫歯が及んでしまった状態です。ほとんどの場合激しい痛みを伴い、神経を一部、あるいは全部とってしまわなければなりません。大がかりな処置が必要です。こうなる前に予防処置や定期検診をしっかり行いたいものですね。

虫歯の進行:C4

C4とは歯の頭の部分が虫歯で解けてなくなってしまっている状態です。

こうなってしまうと歯の本来の機能である、「ものを咬む」ということができなくなってしまい、全身の栄養状態にも影響してきます。早急な処置が必要です。

●2次カリエスとは

症状としては、虫歯の治療を終えた所の周囲が黒くなってきたり、つめ物が、ガタついてきたり、つめた歯がしみてきたりするもので、治療した周囲から再び虫歯になってしまうことをいいます。

かぶせてしまえば、もう虫歯にならないというのは誤解です。

つめ物の境目は不潔になりやすいところなので、他の部分と同様、丁寧なブラッシングを心掛けなくてはいけません。

 
Q&A 一覧

1. 歯のかみ合わせと体の健康

2. 歯並びと症例

3. 歯周病(歯槽膿漏)と口臭

4. 虫歯の豆知識

5. 睡眠時無呼吸症候群

6. 「だ液」の神秘とそのパワー

▲top
歯と健康に関するお悩み相談・118NET | 無料相談コーナー | 浅川院長の雑記帳
浅川歯科(広島)ホームページ | 浅川院長プロフィール
歯と体の健康 Q&A -|歯のかみ合わせと体の健康歯並びと症例歯周病(歯槽膿漏)と口臭虫歯の豆知識睡眠時無呼吸症候群
Copyright (c) 2003-2004 118NET All Rights Reserved. Produced by Asakawa Dental & ADWIN Corporation.
118NET浅川歯科) 〒733-0873 広島県広島市西区古江新町17-34 TEL:(082)273-5757 FAX:(082)274-3401