「救急車は119番」・「歯と健康に関するお悩み相談は118NET」と覚えてね!
トップページ > 歯と体の健康 Q&A - 3.歯周病(歯槽膿漏)と口臭
Question
<3.歯周病(歯槽膿漏)と口臭>
歯周病や口臭の仕組みを教えてください。
Answer

口臭の原因はそのほとんどが歯周病(歯槽膿漏)です。

「歯周病」は、虫歯と同様に "細菌" による感染症ですが、虫歯と違ってほとんど痛みがないため、気が付いた時には治療が困難で歯を抜くはめに・・・など、恐ろしい病気です。

また、「歯周病」は突然起こるわけではなく、10代から少しずつ進行しています。毎日のブラッシングによるケアを行うと共に、自分の歯に関心をもって進行状態を把握しておくことも大切です。

▼歯を見て知る「歯周病」の進行状態
歯周病:第1段階
  • 歯こうが歯肉のまわりにすこしついています。(黄色の所をさします。)
  • 歯肉の下には、歯石がすこしつきはじめています。(灰色のところをさします。)
  • 歯肉もすこし腫れています。(ピンク色が赤みをおびてきている所をさします。)
歯周病:第2段階
  • 歯石が次第に増えてきて、骨がとけはじめます。「しそう骨」といって歯を強く支えている骨です。
  • このとき、お口の中は、少しブラシをあてただけで出血し、口臭が目立ってきます
  • 歯も浮いたような感じがしはじめ、歯肉が赤く腫れます。
歯周病:第3段階
  • 歯石はさらに増え、骨(しそう骨)がさらにとけて、歯の根が見えてきます。
  • 指で歯肉を押すと、ウミがでてきます。出血も黒っぽくなってきます。
  • 歯肉はさらに腫れて、歯がグラグラしてものがかみにくくなります。
  • 口臭は隣りの人もわかるようになります。
  • 口びるが腫れたり、リンパ節にぐりぐりが出る人もいます。
歯周病:第4段階
  • 歯をささえる骨がさらにとけてしまい、歯が動くため、ものがほとんどかめなくなります。
  • 歯肉からは常に出血とウミが出ている状態です。
  • 口臭は周囲の人にもわかるようになります。
  • 手首や足首・腰が痛くなる人が出てきます。これを病そう感染症と言います。
 
Q&A 一覧

1. 歯のかみ合わせと体の健康

2. 歯並びと症例

3. 歯周病(歯槽膿漏)と口臭

4. 虫歯の豆知識

5. 睡眠時無呼吸症候群

6. 「だ液」の神秘とそのパワー

▲top
歯と健康に関するお悩み相談・118NET | 無料相談コーナー | 浅川院長の雑記帳
浅川歯科(広島)ホームページ | 浅川院長プロフィール
歯と体の健康 Q&A -|歯のかみ合わせと体の健康歯並びと症例歯周病(歯槽膿漏)と口臭虫歯の豆知識睡眠時無呼吸症候群
Copyright (c) 2003-2004 118NET All Rights Reserved. Produced by Asakawa Dental & ADWIN Corporation.
118NET浅川歯科) 〒733-0873 広島県広島市西区古江新町17-34 TEL:(082)273-5757 FAX:(082)274-3401